2018年05月12日

芝のエアレーション

連休はいつも芝のエアレーション.
3本の突起があるローンスパイクで芝に孔を開けていきます.土に孔をあけることにより根の通気、通水性をよくして芝が元気になるそうです.
目土、肥料などもやりますが、ネットから得た情報だけなので成果がいまいち.
芝生の手入れについてしっかり学びたいです.

lawn aeration2018.JPG

posted by 小西 けい at 23:57| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

mini Lumio

先日、mini Lumioをいただきました.
これは本の形をした充電式の照明器具で、開くとページの間から光が漏れるようになっています.光がとても柔らかく開き方で明るさの調節もできとても素敵です.

充電式なのでどこにでも持っていける上、iPhoneなどのポータブルバッテリーとしても使えるようにケーブルが内蔵されているのもびっくりです.
ジャカルタ生れの建築家Max Gunawanという人がサンフランシスコで設立したLumio sfというブランドだそうです.
柔らかな光を放つページの素材は何かと調べたら建築でよく使われるタイベック!耐水性もあることがわかりました.

プロダクトも面白いですね!

mini Lumio1.jpg
ラベル:・設備機器
posted by 小西 けい at 13:14| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

松本芸術劇場

先日、伊東豊雄建築である松本芸術劇場を訪れました.
とてもしっとりした大人の建築で素敵でした.
座・高円寺と同じく照明も抑えられ、艶っぽい色で内装がまとめられています.劇場というプログラムであることも大人っぽい理由でしょう.
照明が、抑えられているので壁面の楕円?の窓が映えて綺麗でした.
2階はホワイエで昼間はちょっとしたショップがあるだけでしたが、この大人の感じで昼間人が集まれる場所にするのはどんなプログラムが良いのだろうと職業病で考えてしまいました.

空間の明るさはその場の雰囲気をつくる大きな要素です.昼と夜、使われ方、使う人などを考えるとかなり難しいです.

今度は夜の劇場で使われている時を体験したいと思っています.

matsumoto theater1_180311.jpg

DSC07835.JPG

こちらは座・高円寺
http://gilarchitects.seesaa.net/article/202103560.html
posted by 小西 けい at 01:00| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

源兵衛川2-翡翠

先日、静岡県の三島市にある源兵衛川を2年ぶりに訪れました.源兵衛川は、富士山の伏流水で出来ている川で、1997年に農林水産省の「水環境整備」で第一次の整備をされています.その整備の一部が、水辺を歩けないものであったため市民がワークショップを行いその部分も歩けるように整備するよう市に申請し、2003年から2005年で再整備されました.
住宅や私設の施設などユーザーやオーナーに対面しながら作っていけるものは良いですが、公共の施設やまちづくり、そして源兵衛川のようなケースは、対象者が特定できないので難しい.
源兵衛川の場合はNPO団体が主導してワークショップを重ね住民の意向を行政に伝えているます.公共の施設も作る人と使う人が異なるためワークショップなどで意見交換することが大切になってきます.今取り組んでいる保育園の仕事も「みんなのため」を見つけるのが簡単ではないのですが、少しでもたくさんの人が幸せになれる方法を考えたいと思います.

堅い話になりましたらなりましたが、こちらは意見交換ではなく、素敵な情報提供でした!
鳥おじさんが教えてくれて撮影できました!
源兵衛川の翡翠(カワセミ) 美しい!
くちばしの下が赤いのは雌だそうです.

kawasemi@genbeigawa180224.JPG
posted by 小西 けい at 22:51| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

荘-kazari 2

昨年末竣工した集合住宅を新建築の2月号に掲載していただきました.
大塚聡さんとの共同設計で自分一人で設計するのとは違い、都度都度話し合いながら議論しながらものごとを決めていけたのはとても楽しく勉強になりました.

他の人と議論すると自分の考えも整理されていろいろな発見もあり面白かったです.
この集合住宅は構造躯体と設備・階段のコアを明確にする事で将来的な変化にフレキシブルに対応できるようにしています.
階段とエントランス前の曖昧な空間で構成される立体路地は新しい集合のあり方を問いかけます.

新建築 2018年2月号
B3286DD8-7D98-4307-B047-9741F5498C4B.jpeg
posted by 小西 けい at 11:27| Comment(0) | works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする