2020年02月16日

家づくり_地盤改良_柱状改良

いつも構造担当者に任せてしまっている柱状改良に立ち会いました.
今回は深さ約9.6mまで改良します.
計器の確認から始まり、注入量や配合の説明と確認、試験堀で採取した現場資料の確認、掘削深さの確認などを行いました.
支持地盤は粘土質細砂でその上に砂混じり砂混じり粘土と凝灰質粘土の層があります.
現場資料は一見同じように見えますが、凝灰質粘土は明らかに色が違うのでわかりやすく、粘土質細砂と砂混じり粘土は指で触り確認すると砂の量の違いがわかります.
立会の大切さも感じました.

maruyamacho_chujokairyo1.jpg

maruyamacho_chujokairyo2.jpg
posted by 小西 けい at 11:45| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

クロストーク保育∩公園

1月11日に参加している園Powerのイベント「クロストーク保育∩公園」が、開催されました.
今まで公園内には公園施設しか立てられませんでしたが、2017年より通所型の福祉施設が建てられるようになりました.それによって公園内に保育所が建てられるようになり現在では全国で20数カ所の公園内保育所が建設されています.保育所と公園のマッチングは良いように思われますが、現場を見ると様々な課題があります.しかし、そのマッチングは保育、公園、さらには地域社会を豊かにするヒントがあるのではないかとその可能性を探りました.
50名ほどの方に参加していただきワークショップでは有意義なディスカッションが行われたくさんのアイディアが生まれました.

いろいろな可能性を感じ新しい保育園のかたちに希望が持てます.


会場となった東大のセイホクギャラリーは木質構造によるHPシェル構造で、
素晴らしい空間でした.
200125_crosstalk1.jpg

200125_crosstalk2.jpg

「クロストーク保育∩公園」の内容は後日冊子としてまとめますのでまた紹介させていただきます.
posted by 小西 けい at 13:09| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

SUIDEN TERRACE

実施アップや締め切りに追われブログさえも書けない日々でしたが、そんな中航空チケットも取ってしまっていたこともあり山形県の鶴岡に行ってきました.
他の地方都市と変わらず人口減少問題に悩んでいた鶴岡市は20年ほど前に新しい産業を生み出すサイエンスパーク構想を打ち出し、鶴岡サイエンスパークにベンチャー企業を呼び込んで地方創生のモデルとなっています.しかし、21haもある広大な土地の開発は行政主導では追いつかず14haの使われていない土地が残っててしまいました。そこにできたのがSUIDEN TERRACEです.名前のまま水田の中に宿泊施設が出来ています.
設計者の坂茂さんもコスト的にかなり苦労されたのがみて取れますが、水田をそのままにしてその中に建てることを提案したそうです.ロケーションにぴったりの素敵な空間となっています.
SUIDEN TERRACEは未整備の14haの開発を市から引き継ぎ設立したヤマガタデサインが、企画運営しています.
三菱地所に勤めていた山中大介さんが、なんの所縁もない庄内に移り住み、住んでる人が必要とするものを自分たちで作ろうと設立した会社です.今では未整備地区の開発から庄内のまちづくりまで広がっています.
0から生み出すには情熱と勇気が必要で山中さんのようなことはなかなか出来ませんが、せめても今ある経験と能力を駆使して新しいことへの勇気をいつも持っていたいと思いました.

https://suiden-terrasse.yamagata-design.com/concept.html

191027_suiden terrace.jpg
posted by 小西 けい at 00:55| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

家づくり_住宅の素材

築22年になる独立後 最初の住宅である実家のガスコンロがとうとう故障してしまい下のオーブンレンジと一緒に取り替えることになりました.
工事が入るのならと取替えないところも少しでも綺麗にしたいと掃除をしました.カウンターはduponのコーリアンで、キャビネットは制作.面材は工場塗装仕上げです.さすがに22年も経つといろいろ老いぼれてきて掃除では限界があります.コーリアンは人造大理石の中でも一番耐久性に優れているので採用しましたが、やはりなんとなく黄ばんできてしまっている箇所が出てきてしまっています.
面材の工場塗装は出隅に硬いものをぶつけてしまったりしたところは欠けてしまったりもしていますが20年以上であることを考慮すると思いのほか強いので.最近の工場塗装よりも塗膜が厚いように感じます.
ガスレンジ周辺の壁には大版タイルを使用しています.足りないところに一部150角タイルを貼っていますが、その部分を除くと目地はなく、近年では白のフラットでシンプルなキッチンパネルがありますが、当時はなかったのでこれを採用しました.掃除をしてみると劣化による変色なども全くなくほぼ新品のようになりました.この住宅以降大版タイルはシンプルなキッチンパネルも出てきたこともあり採用していないのですが、素材の強みを感じました.
改修の機会が少なく、改修時は容易にしたい専用住宅こそ経年変化に耐える上手に時間を経る素材を吟味していきたいと改めて思いました.

190911_inagi kitchen renewal.JPG
posted by 小西 けい at 06:05| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

kingfisher_翡翠

先日杉並区の西荻窪辺りから善福寺公園に向かって川沿いを散策していたら翡翠に遭遇しました.
翡翠を肉眼で見るのは3度目.そのうち2度は三島の源兵衛川.都内の公園内の生息動植物の案内板ては翡翠をよく見るけれども実際に遭遇したのは初めてです.
翡翠は何度見ても美しく可愛らしい!
善福寺公園に着いてみると豊かな緑が人との距離を保って広がっていました.

ネットで調べてみると1970年代では都内のカワセミの生息地は奥多摩だけで、1988年から港区の自然教育園で繁殖が続けられるようになって今ではほとんどの自治体で生息が記録されているそうです.
適度な距離保ちながら人にも動植物にも心地よい場所になることを目指して建築をつくっていきたいです.

190825_kingfisher.jpg
posted by 小西 けい at 23:52| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする