2016年05月30日

「東京edoをひらく」〜人と地域をむすぶ新しい空間のかたち

先週末は参加している学生デザイン実行委員会の卒業設計コンクールがありました.東京都内の大学から46作品の卒業設計作品が出典され、土曜日朝から1日がかりで5人の審査委員が金銀銅賞と審査委員個別賞の合計8作品を選びました.作品の説明を学生から聴いたり審査委員の講評を聴いて実務をしていると忘れがちの設計の楽しさを改めて感じて楽しい一日でした.選ばれた8作品は全国の卒業設計展にいきます.そちらも見ていきたいと思っています.

たまたま時期が重なってしまったのですが、来週は別の参加している委員会主催のシンポジウムです.
「東京edoをひらく」〜人と地域をむすぶ新しい空間のかたち
と題し、谷中でHAGISOという最小限文化施設を展開している宮崎晃吉氏と江戸文化の研究者、小沢詠美子氏とAirbnb Japan代表の田邉泰之氏のお三方を迎えしお話を伺います.
空間をシェアする時代、これからのあり方を考えます.
ホットな話題で面白いシンポジウムとなると思います.
興味のある方はふるってご参加ください.

http://www.tokyokenchikushikai.or.jp/cal/seminar/1657/
500表チラシjpeg.jpeg


posted by 小西 けい at 22:42| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする