2017年02月22日

ozone-食べる空間

OZONEで「牀の家 - shonoie」の展示をさせていただいています.
展示場所は7階 Sエレベーター(甲州街道側)前です.
3月28日(火)まで.
お近くにお越しの際は是非お運びください.

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/253

ozone2017spring食べる空間.jpg
posted by 小西 けい at 01:07| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

architecture that inspires

先日、保育園の調査で保育に関する本をいくつか読んでいてその中で子どもの潜在的な能力を自然に引き出す環境が大切ということが書いてありました.それを読んで以前どんな建築が作りたいかと自問した時に出てきたフレーズを思い出しました.

 architecture that inspires people! −人を刺激する建築−

それは建築が面白い形態をしているとかではなく、そこに居ることで今まで気がつかなかったことや考えなかったこと、感じなかったことを体験できる空間のことです.

吹抜けを介して家族の居る場所と子どもの部屋がつながっていたり、外部空間が室内のように組み込まれていたりすることで新しい関係、新しい生活スタイルが体験できると楽しいと思います.

吹抜けに吊るしたモビールが風もないのに動いて空気の対流を感じたり、室内に落ちる影が移動して時間の経過を感じたり.そんな建築をつくりたいと思っています.

そして、それは必ずしも意図したものだけでもありません.設計した住宅のクライアントから「このトップサイドライトから月が楽しめました」と喜んでいただけるのも発見であり、喜びです.

建築は設計者が考えてつくるものだけれど、アートとは違い人の手を借りないと完成しません.また出来上がってからも使う人の手が入り、ずっと成長して行くものだと思っていて、だから設計が面白いと感じます.育って行く過程で様々な発見や新しい体験を提供できるものを作りたいと思っています.

事務所名のg.i.l.は色々な意味があるのですが、その一つがlet it grow−自然に育てー(なぜかひっくり返っているのですが...)です。

ing-2f4.jpg
posted by 小西 けい at 09:49| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする