2017年11月28日

LED電球

事務所のエントランスのダウンライトを人感センサー次のLED電球に替えました.

LEDの出現で照明器具が、様変わりしています.
最初の頃は住宅用の器具でもLED交換不可のものがほとんどでしたが、今ではLED電球タイプのものが出てきました.
LEDの寿命は10年と言われていますが、住宅の場合10年ごとに家中の照明器具を取り替えるのは現実的ではないので形状やコストなどを検討し可能なものはなるべくLED電球タイプの器具を使うようにしています.
そんな状況を受けてか最近では様々な機能付きのLED電球が発売されるようになりました.

人感センサー付LED電球もその一つです.廊下やトイレなど人感センサーでのON OFFだと省エネにもなり、何と言っても器具が人感センサーつきでなくても電球を取り替えるだけで対応できるのが魅力です.
その他には停電時に点灯し、懐中電灯として使えるものや
http://www.labros.co.jp/html/magicbulbpatto.php
消臭するもの
http://luminous-led-ion.com/toiletdenkyu/shoukai/
など、効力がどのくらいかに興味がありますが、
スピーカー付きのものは少しそそられます.
http://www.sony.jp/active-speaker/products/LSPX-103E26/

防犯カメラ付きのものもありました.
https://store.shopping.yahoo.co.jp/akibaoo/4580383092800.html?sc_e=slga_pla

LEDやスマートフォンの出現でいろいろな可能性が出てきて楽しくなります.
しかし、人感センサーのものは口金E17がありますが、製造がかなり縮小されています.
それ以外はほとんど口金E26なので使用個所が制限されます.

写真は事務所のスイッチです.
輸入物のスイッチを使っています.このような設備はメーカーが作るものを使用するしかなく、メーカーの方々には素敵なものを作っていただくことを切に願うしかありません.
urban units switch.JPG
ラベル:・設備機器
posted by 小西 けい at 00:16| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする