2018年09月30日

壁面後退

先日、某区役所主催の建築相談会で相談員をさせていただきました.
その時の相談で、間口が狭いのでなるべく敷地いっぱいに建てたい!隣地境界線と建物の間隔は最低いくつですか?という質問がありました.
これは地区計画などで壁面後退が決められているときは、それに準じなければなりません.それらがない時は、民法で50cmとなっていますが、地域で異なる習慣があったりお隣との合意が取れれば狭く出来ます、と答えると隣は自分所有のアパートなのでくっつけて建てることが出来ますか?となりました.
確かに地区計画などの規制がない場合でお隣との合意があれば、くっつけて建てることも可能で昔から長屋だったところなどは建て替えの際も隔離を取らず建てているところもあります.
しかし、離隔が取れるならば取った方が良いでしょう.建物は長年にわたり使うもので、メンテナンスなどを考えるとそれがしやすいようにきちんと離隔をとる方が良いと思います.また住環境考えてても隣とくっついていると通風が取れずカビなどの発生の原因となります.
では最低でもどのぐらいの離隔を取れば良いのかと言えば、外壁のメンテナンスをするためにも最低でも40cm以上は取っておいた方が良いと思います.
また、建物のまわりは空調の室外機や給湯器の設置場所ともなるので無駄なスペースとは考えず計画するのが重要です.



この住宅は左側の隣地との境界には塀のようなものは設置せず地盤面に境界のみがわかる印を付けています.そしてメンテナンスなどの際には越境して使用しても「お互い様」と合意しています.そうすることで防犯上の弱点になる死角をなくし、かつ、街並もすっきり綺麗になります.
kg-ex11.jpg
posted by 小西 けい at 23:52| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

室生山上公園 芸術の森-Dani Karavan

先月、奈良を訪れました.
目的は室生寺と室生山です
室生寺は昔、女人禁制だった高野山に対し女性の参詣を許したことから女人高野として親しまれたお寺です.
高低差のある境内に金堂、本堂、五重塔、奥の院などが絶妙に配置されそれらに700段以上の階段が誘います.

室生山には室生山上公園 芸術の森 があります.
ここは、地滑り対策事業の一環で公園整備されたもので、地元の彫刻家 井上武吉氏が、構想した「森の回廊計画」を元にイスラエルの彫刻家 Dani Karavanによる巨大な彫刻で、芸術公園として実現したものです.

環境と一体になりながら迫力のある彫刻は訪れたものを童心に返り、異次元の世界を楽しませてくれます.

国内の他の作品も見に行きたいと思います.
http://sdart.jp/archives/487

muroyama_dani karavan1.jpg

muroyama_dani karavan2.jpg

muroyama_dani karavan3.jpg
posted by 小西 けい at 16:31| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする