2019年02月28日

保田小学校道の駅

昨年末、保田小学校道の駅を見学させていただく機会を得ました.
保田小学校道の駅は廃校になった小学校を宿泊施設を併設した道の駅にリノベーションした施設で古谷誠章さんのnascaと木下庸子さんのADHと篠原聡子さんと北山恒さんの4社の設計共同体がコンペで選ばれ実現したものです.
小学校をそのまま残すプログラムがとても良かったです.
外壁のポリカーボネートの中空パネル(ルメウォール タキロン)が全体の共通ヴォキャブラリーになっていました.北山さんのまちの縁側では裏表を白黒に塗り分けられた可動式の蓄熱パネルがつくられていました.また上に溜まった暖かい空気をセンサーで冬はリターンダクトと換気扇で床から200mmぐらいのところから吹き出し、夏は上部の壁に取付けられた換気扇で外に排出するしくみになっていました.
のびのびとしてとても気持ちの良く、子ども達が飛び跳ねて遊んでいる景色が素敵でした.

http://hotasho.jp/
181230_hotaelementaryschool.jpg
posted by 小西 けい at 23:38| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

谷津干潟

先月 千葉県習志野市にある谷津干潟を訪れる機会を得ました.
干潟なのですが、今では周辺は埋め立てられ住宅地に囲まれ、地図では四角い造成池のようになっています.
しかし、2本の水路で海と繋がっていて潮の満ち引きがあり、たくさんの鳥が飛来します.

たくさんあった東京湾の干潟は埋め立てられてしまいましたが、京成電鉄から内務省・運輸通信省そして大蔵省に所有が移り、住民の保存運動も盛んになり干潟が残り1988年に国設鳥獣保護区に指定され、1993年に干潟などの湿地を保全し、ワイズユース(賢明な利用)することを目指す「ラムサール条約登録湿地」となったそうです.
とても貴重な財産で自分たちで守るべきものだと思います.

セイタカシギ 長い脚が赤くてかわいい
190114_谷津干潟背高鴫.jpg
posted by 小西 けい at 18:18| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

chivicco chair

chivicco chair がさらに丸く、さらにやさしく、可愛くなりました.

現代の住まいや公共の建物空間は新建材で囲まれています.一見素材が木製のものでもカチコチの塗装の皮膜で覆われてしまっているものがほとんどです.
木そのものに触れてこそ、本当の良さや特性がわかります.
子供たちに木そのものに触れて学んでもらいたく、お父さん、お母さんにも触れていただきその特性を知っていただきたく小さな椅子をつくりました.

chivicco chair はこども用の箱椅子です.ひっくり返すことにより座面の高さが変わり、机にもなります.スタッキングも出来るので収納スペースを取りません.
素材はスギで軽く、柔らかく、人にも環境にもやさしい椅子です.

190214_chivicco chair2.jpg
190214_chivicco chair1.jpg
posted by 小西 けい at 11:47| Comment(0) | works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする