2019年04月28日

木造の防耐火性能

先日 参加している委員会で「改正建築基準法の概要と木造の防耐火性能」というセミナーを開催しました.

講師には早稲田大学で木と防災の研究をしている安田昇氏を迎えました.

2010年の「公共建築物等における木材利用の促進に関する法律」もあり木造を取り巻く状況が変わってきました.
従来 燃えるものとして耐火性がないと扱われていた木材の研究も進み、一定の厚みがある木材には防耐火性能があることがわかってきました.さまざまな可能性が広がっています.

今回のセミナーでは、今まで単に法律で決まっているのでこの部材は木材では出来ないと思っていた内容を木材の防耐火に関わる特性や実験結果で説明していただきました.
室内の木材と外廻りの木材では防災の観点からは性格が全く異なることも学び、今後の設計に活かしていきたいと思います.

設計者が防災を意識しながらデザイン性を追求することで、新しい木材の利用方法が生まれること実感しました.

少しネット検索をしたら安井さんの書かれている記事がありました.今回のセミナーの内容とは異なりますが、木造建築の防耐火性能についてで勉強になります.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwpa/40/2/40_46/_article/-char/ja/

数日前、10年前に住宅をリノベーションしたパン屋さんにメンテナンスで伺いました.
店舗のエントランス周りは木材で作っていますが、前にシャッターを付けています.
これからいろいろな研究、実験が進むとシャッターが不要になる日も来るかもしれません.
190428_nanaho.jpg
posted by 小西 けい at 23:43| Comment(0) | 法規etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

金沢の春

初めて金沢を訪れる機会を得ました.
21世紀美術館が出来てから是非訪れたいと思っていた場所です.
思いもかけず桜が満開の時期になり堪能させていただきました.
21世紀美術館、鈴木大拙記念館、海の未来図書館、もおもしろかったです.

190414_kanazawa_castle.jpg

190414_kanazawa_21museum.jpg

190414_kanazaw_daisetsu.jpg

190414_海の未来図書館.jpg
posted by 小西 けい at 23:35| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

さくら

桜真っ盛りの週末でした.
この季節、街中は薄いピンクで彩られ、この季節が大好きです.
そして、そのピンクの多さに吃驚しつつ日本人の桜好きを実感します.
桜にはいろいろな種類がありますが、身近で圧倒的に多いのは染井吉野.
その染井吉野を調べると江戸末期から明治初期に育成され、後の遺伝子解析によりエドヒガンとオオシマザクラの交配により生まれたものだと分かったそうです.そしてよく知られていますが、染井吉野は種子をつくらないため接ぎ木、挿し木により植樹されているそうです.

そして何と染井吉野が多いことか!
種子を作らず自然に生えて来ないということはこの一本一本すべて人の手により植樹されていることを考えると日本人の桜愛に感動します.
桜を見ると柔らかなやさしい気持ちにさせてくれるのはその所為かもしれません.
一本一本植えてくれた先人に感謝しないと、と思う日々です.

190407_katsumuna.jpg
posted by 小西 けい at 23:19| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする