2019年09月25日

家づくり_住宅の素材

築22年になる独立後 最初の住宅である実家のガスコンロがとうとう故障してしまい下のオーブンレンジと一緒に取り替えることになりました.
工事が入るのならと取替えないところも少しでも綺麗にしたいと掃除をしました.カウンターはduponのコーリアンで、キャビネットは制作.面材は工場塗装仕上げです.さすがに22年も経つといろいろ老いぼれてきて掃除では限界があります.コーリアンは人造大理石の中でも一番耐久性に優れているので採用しましたが、やはりなんとなく黄ばんできてしまっている箇所が出てきてしまっています.
面材の工場塗装は出隅に硬いものをぶつけてしまったりしたところは欠けてしまったりもしていますが20年以上であることを考慮すると思いのほか強いので.最近の工場塗装よりも塗膜が厚いように感じます.
ガスレンジ周辺の壁には大版タイルを使用しています.足りないところに一部150角タイルを貼っていますが、その部分を除くと目地はなく、近年では白のフラットでシンプルなキッチンパネルがありますが、当時はなかったのでこれを採用しました.掃除をしてみると劣化による変色なども全くなくほぼ新品のようになりました.この住宅以降大版タイルはシンプルなキッチンパネルも出てきたこともあり採用していないのですが、素材の強みを感じました.
改修の機会が少なく、改修時は容易にしたい専用住宅こそ経年変化に耐える上手に時間を経る素材を吟味していきたいと改めて思いました.

190911_inagi kitchen renewal.JPG
posted by 小西 けい at 06:05| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする