2020年05月31日

家づくり_敷地の管理

進行中のプロジェクトで数ヶ月前のこと.お知らせ看板を立てしばらくしたので様子を見に行ったら、何やら前にはみたことのない物陰が敷地の奥に.近づいて見ると金属の配管部材らしきもの、お祭の出店とかで見かける飲み物用の小型冷蔵庫らしきもの、断熱らしきもの、それとスチール棚、これは何だ⁉︎
明らかに不法投棄.なんとかしてもらいたいと思って区役所に連絡したところそれは落し物と同じ扱いで勝手に破棄することは出来ない、と言われました.
それではということで警察に相談したところ安全課が見に来てくれて、これは不法投棄です、と言ってもらえたのですが、やはりどうすることも出来ず、警察の見解も不法投棄であることを使えて区にもう一度相談してみてください、と言われ再度区役所へ連絡.道路上ならば処理出来るけれど敷地内だと処理できないとのこと.
つまり不法投棄した方ではなく、不法投棄される方が悪いというルール!それ故に自分の管理下の土地には塀が巡らされ、街が閉鎖的になり。。。
何か間違っていませんか?

建物を新築する際、今あるものを壊して建て替えたり、古屋のある土地を購入したり、更地を購入するなどいろいろな場合がありますが、どの場合でも敷地は一度更地になります.
これからは防犯カメラとな何か対策を考えないとと思う反面、行政の対応には疑問を感じます.

今年もたわわに実りました.采振木(ジューンベリー)
2020juneberry.jpg
posted by 小西 けい at 23:41| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

芝 thatch

緊急事態宣言が発令され店舗の閉鎖やテレワークが進む中、個人的には関わっている現場が止まったりもしていますが、仕事はむしろweb会議が増えたり物の発送が増えたりと増えています.
そうこうしていて4月もあっという間に過ぎてしまいブログも書き損じてしまいました.

緊急事態宣言の中でもゴールデンウィークは恒例の芝の手入れ、枯れた芝を取り除くサッチングと芝生の穴あけのエアレーション.
サッチングは4月中旬にはやりたいのですが、毎年この時期になってしまいます.

サッチングってthatch_ing?英語?
茅葺き屋根のことを thatched roof と言うので⁇と思って調べてみました.
英英辞典で調べるとthatchとは細い葉や茎のことで茅や葦という意味もあります.動詞だとそれで覆うことを言うようです.
つまり芝の刈りかすや枯れた芝の葉がthatchでそれを取り除くことはthatchingではなくdethatching
今まで間違って使っていたんだとわかりました.netでなんでも調べられるのは便利ですね.

デサッチングの画像よりミクロの世界.調べてみたら小坪苔という種類のようです.
エアレーションの画像は以前のブログをご覧ください.2018年5月12日

1D9AE648-7963-45F7-9265-642D5AF59083.jpeg
posted by 小西 けい at 09:20| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする