2010年12月30日

上を向いているのに下弦の月

年末なので収納のことを書こうと思っていたのだが、あまりに月が大きく出ていたので写真を撮った.赤っぽい色が映らなかったのは残念.
弦が上を向いているのに下弦の月.
小学生の頃理科で教わっていつもこんがらがっていた.月を見るといつも何日夜なのか当てたくなる.

それにしても登ったばかりの月はとても大きく見える気がする?と思い調べてみた.
気のせいではなかった.やっぱり地平線の近くに見える月は大きく見えるらしい.月の錯視と言うらしい.しかし錯視だからやっぱり気のせいか...
そうだったんだと、目から鱗.でも理論的にわかってしまわない方がロマンチックかも知れない.

http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0509.htm

上弦の月と下弦の月のこと
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0215.htm

東京タワーのライトアップが消えた夜12時過ぎ
20101228.jpg
posted by 小西 けい at 10:02| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: