2011年07月31日

おわらないアトリエ

先日最終日を目前にして竹橋の近代美術館でやっているPaulKlee展に行ってきた.(本日最終日)
私の好きな色鮮やかものはそれほど多くなかったので少し残念だった。しかしかなりの作品の数で、今まで軽やかで色鮮やかでただ素敵だと思っていたKleeの作品だったが、描いた1枚の絵を切ったり貼ったりして新しい作品が作られたりしているのが解説されていて芸術家として新しいものを追い続けていた姿そして新しいものへの発想などがとても興味深かった.
作品の中に部屋や庭をテーマにしたものが多く目についた。バウハウスで教えていた事もあって建築にも興味があったのだろう.

今回の展覧会の作品の一つ「庭園建築のプラン」と題されたもの
klee-plan fr garden architecture.jpg
posted by 小西 けい at 08:40| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: