2014年09月21日

理工キャンパス

最近、母校へ行く機会が良くあります.
学生の頃は面白い配置の教室だなぁ、ぐらいにしか思っていませんでしたが改めて熟考されたブランの素晴らしさに感心しています.
一般の教室も四角い教室の角に教壇を配置し、斜に使うことで教壇が見やすいように机が配置されています.
建物軸と教室軸が45度振れているので授業が終わってホールに出た時に方向がわからなくなりぐるぐる回ってしまったことがよくありました.
これも設計した安東勝男先生のプランを意識させようとした設計意図だったのかもしれません.

階段教室前のホワイエ 
waseda理工campus.jpg
waseda riko campus.jpeg
posted by 小西 けい at 02:05| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: