2018年02月06日

荘-kazari 2

昨年末竣工した集合住宅を新建築の2月号に掲載していただきました.
大塚聡さんとの共同設計で自分一人で設計するのとは違い、都度都度話し合いながら議論しながらものごとを決めていけたのはとても楽しく勉強になりました.

他の人と議論すると自分の考えも整理されていろいろな発見もあり面白かったです.
この集合住宅は構造躯体と設備・階段のコアを明確にする事で将来的な変化にフレキシブルに対応できるようにしています.
階段とエントランス前の曖昧な空間で構成される立体路地は新しい集合のあり方を問いかけます.

新建築 2018年2月号
B3286DD8-7D98-4307-B047-9741F5498C4B.jpeg
posted by 小西 けい at 11:27| Comment(0) | works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: