2018年08月14日

設備機器 - 節水トイレ

15年前に設計した住宅のリノベーションをしているしています.
当時と比べて様々な新しいものが発売されています.その中でも多いのは省エネ商品.
2020年には戸建て住宅の省エネが義務化されます.これは、住宅を高断熱にしたり太陽エネルギーを使うことで消費エネルギーを節約しましょうと言うものです.
省エネ商品は、この義務化に直接関係するもの例えば高断熱のサッシとかもあれば、そうではないものも沢山あります.
その一つは省エネ便器.少量の水で流すことが出来て水を節約出来る!のがうたい文句ですが、少量の水量で便器からは流せてもその先の配管でもスムーズに流せなくてはなりません.そのため今までよりも排水管の施工には気をつける必要があります.

しかし、リフォームの場合は既に排水管が施工されているのでその配管が省エネ便器に適しているか確認して器具を選定する必要があります.多くの省エネ便器には水量を増やす機能も付いていますが、それでは節水にはなりません.
施工説明書を調べると、
「床下横引き排水管において、勾配1/100, 75A, 2曲がりの排水管で10mの搬送性能が確保されていることを確認し、排水管長さが10mを超える場合でも停滞した汚物は、次回以降の洗浄で順次押し流されていくことを確認しています」
とありました.わかるような、わからないような説明です.排水管のつまりは使用状況によってもかなり変わりますが、水量が少ないのだから物理的に流れにくくなるのは当たり前で、状況によっては節水トイレでも水量を増やさなければならないこともあることを気に留めておく必要があります.

ing-b.jpg
ラベル:・設備器具
posted by 小西 けい at 22:54| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: