2018年11月14日

「北嶺町の家」-進化する建築

先日 10数年ぶりに室伏次郎さんのご自宅「北嶺町の家」を訪問させていただきました.
RC4階建てで築47年のこの建物はその歴史の中でその時々のニーズに合わせて進化し続けている凄い建築です.
自分が設計した建築も年を重ね、お子さんが大きくなったり、家族の形態が変化したりしてリノベートすることも多くなりました.
最近では家びらきや民泊など住宅の形態も少しずつ変化もしています.
可変であることの重要性を考える機会が増えた近年ですが、こんな柔軟な建築が47年前に出来ていることに改めて感激しました.

室伏邸のシンボルの大きな真四角の窓.当然開きます.
kitaminemachi house181013_2.JPG

そしていつからか屋上はオリーブ畑になっていました.伺った時はオリーブ収穫祭でした.積んだオリーブを苛性ソーダにつけて渋抜きをしその後苛性ソーダを抜いてから2週間ぐらい置くと食べられるようになるそうです.kitaminemachi house181013_1.JPG
posted by 小西 けい at 07:20| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: