2019年01月22日

西粟倉「100年の森林構想」

昨年12月から工事が始まったマンションのリノベーションでは、西粟倉の木材を使っています.

西粟倉は岡山県にある林業の村で面積の95%が森林でその内86%が人工林です.その地域財産を「100年の森林構想」に取り組み、守り活用しようとしています.
ローカルベンチャーを応援し、地域経済を活性化するとともに地域資源の価値の向上も図っています.そのひとつが、西粟倉・森の学校です.

西粟倉・森の学校は、自然と向き合い、地域と共にこれからの暮らしを自ら作っていこうとしている各地のローカルベンチャーを紹介するドキュメンタリー映画「おだやかな革命」でも取り上げられています.間伐材を活用した商品の開発や加工場を作り建材の出荷もしています.

地域の森林を守り、暮らしにおだやかな革命を起こそうとする理念にクライアントが賛同し、今回の計画で木材を使わせていただくこととなりました.
自然豊かな地域とは程遠い東京では、地域資源が羨ましくもあります.しかしここ東京でも何らかのネットワーク駆使し地域資源を作って行くことが出来ないかと考えさせられます.

こちらが、西粟倉森の学校
https://morinogakko.jp/

nishiawakura_odayakanarevolution.jpg

nishiawakura.jpg
posted by 小西 けい at 18:41| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: