2019年04月07日

さくら

桜真っ盛りの週末でした.
この季節、街中は薄いピンクで彩られ、この季節が大好きです.
そして、そのピンクの多さに吃驚しつつ日本人の桜好きを実感します.
桜にはいろいろな種類がありますが、身近で圧倒的に多いのは染井吉野.
その染井吉野を調べると江戸末期から明治初期に育成され、後の遺伝子解析によりエドヒガンとオオシマザクラの交配により生まれたものだと分かったそうです.そしてよく知られていますが、染井吉野は種子をつくらないため接ぎ木、挿し木により植樹されているそうです.

そして何と染井吉野が多いことか!
種子を作らず自然に生えて来ないということはこの一本一本すべて人の手により植樹されていることを考えると日本人の桜愛に感動します.
桜を見ると柔らかなやさしい気持ちにさせてくれるのはその所為かもしれません.
一本一本植えてくれた先人に感謝しないと、と思う日々です.

190407_katsumuna.jpg
posted by 小西 けい at 23:19| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: