2017年10月31日

「中心のある家」

数年ぶりで師匠である阿部勤さんの「中心のある家」に訪れる機会を得ました.
大学を出て実務を何も知らなかった私は建築の仕事をアルテックで一から教わりました.
今でもそれが私のべースになっています.

「中心のある家」は部屋がありません.
辞書で引くと
部屋--家の中をいくつかに仕切ったそれぞれの空間
とあります.この家はまさにその仕切りがありません.しかしたくさんの居場所が作られ、それぞれの場所は分かれているのにつながっています.
またその場所は人の体にぴったりと合って居心地の良いスペースとなっています.
作家の高村薫が新聞のコラムで
「筋書きを知らずに、ぱっと開いた1ページを読んだ時空気感があるか.小説の成否はそれで決まります.」
と書いていました.この空気感のようなものが建築にもあり、この住宅はそれが半端ない.

何度訪れてもいつも感動する住宅です.

20171029chushinnoaruie.JPG
posted by 小西 けい at 23:57| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

長崎

長崎のくんち祭りが今年も盛大におこなわれました.
長崎には今まで縁なかったのですが、昨年くんち祭りに今年は精霊流しに行くことが出来ました.
キリシタン迫害と原爆の2つの大惨事の舞台となった地です.
その経験から平和を求める思想は長崎の街に染み込んでいて、リアス式の地形も相まって地方都市にありがちな漠とした雰囲気はなく、街を誇りに思い外から来る人を歓迎する雰囲気があります.
現代では地域の祭りは縮小傾向にありますが、くんち祭りにしても精霊流しにしても住民と行政が一体となり盛大な行事になっていて楽しんできました.

写真は長崎の日本二十六聖人記念館の外壁
隣接する聖フィリッボ教会の鐘楼と同様に陶器片を利用したモザイク画です.
(設計:今井兼次)

2017aug.nagasaki.jpg
posted by 小西 けい at 09:54| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

日本の春

すっかり新緑の季節となりました.
ロンドンにいたときこの季節に日本に一時帰国しました.
花と緑に彩られた街に日本の四季の素晴らしさをしみじみ感じたこと思い出します.
設計するときも四季折々の自然が感じられるしつらえを作ることを心がけています.

言葉にも桜に関連する
花吹雪
花筏
など趣きのあるものが沢山あります.新緑を表す文字は
「翠」
翠雨とか翠雲とか…
翠はみどり?あお?といつも思い悩みます.
鳥の翡翠(カワセミ)はみどりというより青…
青は「碧」もあります.
もともと日本語で「あお」と「みどり」はかなり複雑.
どちらも素晴らしい日本の四季が創り出した素敵な言葉です.

IMG_3433.JPG
posted by 小西 けい at 00:07| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする