2019年08月05日

madonoie_家づくり_素材

先日2006年に竣工した住宅を10年ぶりぐらいに訪れる機会を得ました.
センスの良いご家族が変わらず素敵に住まわれているのを拝見できとても嬉しいです.
計画時素材にもこだわり、木材は無垢材に自然塗料、カウンターや棚なども集成材でなく無垢のフローリング材を利用して作りました.
10年以上の年月で素敵に歳を重ね、新築では決して得られない味な質感が住まいを彩っていました.
本物の素材を使うことの大切さを改めて感じました.

1階の一部がカフェに変わっています.
madonoie2_190801.jpg

madonoie1_190801.jpg
posted by 小西 けい at 14:49| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

祖谷_地球にやさしく

秘境の地 奥祖谷は「何もないがある」ところですが、面白いものもひとつあります.
それは落合集落のもっと奥にある世界一?のモノレールです.

2人乗りのモノレールは産業用モノレールで作られ、全長4600m高低差は590mで森林浴や時には森の動物を楽しむことができます.
自然の中に人工の構築物を作るのは自然保護の観点から矛盾していることではありますが、祖谷の人の自然への影響を極力小さくしてこの素敵な森を楽しんでもらいたいという思いが詰まっているのを感じます.
人が暮らすためには環境に全く影響を与えないのは不可能なことですが、可能な限りそれを小さくするという思想は常に持っていなければと思います.

奥祖谷観光周遊モノレール
https://miyoshi-tourism.jp/ja/spot/okuiyakankoshuyumonorail/

2019iya_monorail.jpg
posted by 小西 けい at 16:37| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

さくら

桜真っ盛りの週末でした.
この季節、街中は薄いピンクで彩られ、この季節が大好きです.
そして、そのピンクの多さに吃驚しつつ日本人の桜好きを実感します.
桜にはいろいろな種類がありますが、身近で圧倒的に多いのは染井吉野.
その染井吉野を調べると江戸末期から明治初期に育成され、後の遺伝子解析によりエドヒガンとオオシマザクラの交配により生まれたものだと分かったそうです.そしてよく知られていますが、染井吉野は種子をつくらないため接ぎ木、挿し木により植樹されているそうです.

そして何と染井吉野が多いことか!
種子を作らず自然に生えて来ないということはこの一本一本すべて人の手により植樹されていることを考えると日本人の桜愛に感動します.
桜を見ると柔らかなやさしい気持ちにさせてくれるのはその所為かもしれません.
一本一本植えてくれた先人に感謝しないと、と思う日々です.

190407_katsumuna.jpg
posted by 小西 けい at 23:19| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする