2019年12月24日

SUIDEN TERRACE

実施アップや締め切りに追われブログさえも書けない日々でしたが、そんな中航空チケットも取ってしまっていたこともあり山形県の鶴岡に行ってきました.
他の地方都市と変わらず人口減少問題に悩んでいた鶴岡市は20年ほど前に新しい産業を生み出すサイエンスパーク構想を打ち出し、鶴岡サイエンスパークにベンチャー企業を呼び込んで地方創生のモデルとなっています.しかし、21haもある広大な土地の開発は行政主導では追いつかず14haの使われていない土地が残っててしまいました。そこにできたのがSUIDEN TERRACEです.名前のまま水田の中に宿泊施設が出来ています.
設計者の坂茂さんもコスト的にかなり苦労されたのがみて取れますが、水田をそのままにしてその中に建てることを提案したそうです.ロケーションにぴったりの素敵な空間となっています.
SUIDEN TERRACEは未整備の14haの開発を市から引き継ぎ設立したヤマガタデサインが、企画運営しています.
三菱地所に勤めていた山中大介さんが、なんの所縁もない庄内に移り住み、住んでる人が必要とするものを自分たちで作ろうと設立した会社です.今では未整備地区の開発から庄内のまちづくりまで広がっています.
0から生み出すには情熱と勇気が必要で山中さんのようなことはなかなか出来ませんが、せめても今ある経験と能力を駆使して新しいことへの勇気をいつも持っていたいと思いました.

https://suiden-terrasse.yamagata-design.com/concept.html

191027_suiden terrace.jpg
posted by 小西 けい at 00:55| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

祖谷_地球にやさしく

秘境の地 奥祖谷は「何もないがある」ところですが、面白いものもひとつあります.
それは落合集落のもっと奥にある世界一?のモノレールです.

2人乗りのモノレールは産業用モノレールで作られ、全長4600m高低差は590mで森林浴や時には森の動物を楽しむことができます.
自然の中に人工の構築物を作るのは自然保護の観点から矛盾していることではありますが、祖谷の人の自然への影響を極力小さくしてこの素敵な森を楽しんでもらいたいという思いが詰まっているのを感じます.
人が暮らすためには環境に全く影響を与えないのは不可能なことですが、可能な限りそれを小さくするという思想は常に持っていなければと思います.

奥祖谷観光周遊モノレール
https://miyoshi-tourism.jp/ja/spot/okuiyakankoshuyumonorail/

2019iya_monorail.jpg
posted by 小西 けい at 16:37| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

さくら

桜真っ盛りの週末でした.
この季節、街中は薄いピンクで彩られ、この季節が大好きです.
そして、そのピンクの多さに吃驚しつつ日本人の桜好きを実感します.
桜にはいろいろな種類がありますが、身近で圧倒的に多いのは染井吉野.
その染井吉野を調べると江戸末期から明治初期に育成され、後の遺伝子解析によりエドヒガンとオオシマザクラの交配により生まれたものだと分かったそうです.そしてよく知られていますが、染井吉野は種子をつくらないため接ぎ木、挿し木により植樹されているそうです.

そして何と染井吉野が多いことか!
種子を作らず自然に生えて来ないということはこの一本一本すべて人の手により植樹されていることを考えると日本人の桜愛に感動します.
桜を見ると柔らかなやさしい気持ちにさせてくれるのはその所為かもしれません.
一本一本植えてくれた先人に感謝しないと、と思う日々です.

190407_katsumuna.jpg
posted by 小西 けい at 23:19| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする