2014年12月05日

冷蔵庫の設置スペース

先日の冷蔵庫問題で久しぶりに冷蔵庫について少し調べてみました.
以外と吃驚したのは、右開きと左開き圧倒的に右開きが多いということ.右利きが多いからでしょうか?
しかし冷蔵庫の扉を開くという単純な行為.右手でも左手でも然程問題はなく、開き勝手は冷蔵庫の設置場所による方が多いと思います.冷蔵庫に向かって左側に壁がある場合は右開きは使い勝手がよくありません.  冷蔵庫メーカーさんにもっと左開きを作っていただきたいものです. 
設置場所にオールマイティな両開きーフレンチドアタイプの冷蔵庫も調べてみると300L代にはなく400L代と500L代まではだいたい w685mm. 600Lを越すとw750mmぐらいになります.
普段、キッチンのレイアウトを考えるとき冷蔵庫の設置スペースの寸法は幅700mmを取るようにしています.500L代までならその幅で大丈夫だっと確証しました.しかし最近では大容量でも幅が狭いものもあります.設置スペースを広くとって脇があまりすぎるのもゴミがたまって掃除がし辛かったりと悩ましいところです.冷蔵庫はテレビと同様ヴォリュームが大きいのでクローズドキッチンならば気になりませんが、オープンキッチンだと存在をなるべくさりげなく出来るように設置したいと思っています.

こちらは冷蔵庫を隠してしまった例です.
gekko-3FL11S2.jpg
posted by 小西 けい at 16:45| Comment(0) | kitchen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

シンクの洗剤置場

7月に入ってもう2週間になる.今年は早々梅雨も開けて猛暑が続く.電気の事が心配だが出来る事は限られていて、後は少しでも快適に過ごせるように電気に頼らない工夫するしかない.

毎年この季節になると無性に掃除がしたくなる、というより汚れが気になるのかもしれない.汚れていると暑苦しく感じるのだろう.そして特にシンクまわりは臭いや雑菌も気になるのできれいにしておきたい.
シンクにいつも置いてある洗剤とスポンジ きちんと置場を作りたいが、かごだと邪魔な感じだし、ポケット状のものは中が汚れやすい.
シンクの一部をへこませて置場をつくるとすっきり納まる.
この時シンクの底よりスポンジ置場を上げることで食器を洗ったときの汚れた水がかからないようになっている.
お掃除も楽だ.

調度良い写真がなかったので数年前の雑誌(New House)で取材されたページを載せさせていただく.
newhouse-gekko.JPG
posted by 小西 けい at 19:01| Comment(0) | kitchen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

シンクの排水溝

年末と言えば掃除である.
キッチンを造作家具で作る時シンクの排水溝は掃除のしやすい浅型で洗面台の下についているようなSの字型のSトラップに掃除口がついているものを使っている.
これは掃除が楽!
少し前まではお椀がひっくり返ってパイプにかぶっているような椀トラップでゴミカゴが深型のものがほとんどだった.このタイプは手を突っ込んでぬめぬめになった椀を取って掃除しなければならない.最近のシステムキッチンはほとんど浅型タイプだが、Sトラップとは限らない.また造作家具でキッチンを作るときは注意が必要.排水溝まで指定しないと従来の深型の椀トラップが付いてしまう.
写真は蓋もステンレスで掃除がしやすい、ただこれは穴が小さいのでナスのへたとかが突っかかってしまうのが少し難.それが気になる場合はグレーの樹脂タイプをおすすめ.

sink trap.jpg
ラベル:・設備機器
posted by 小西 けい at 23:47| Comment(0) | kitchen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする