2010年05月24日

エコリフォーム2

2月にエコリフォームのことを調べた時にはそのような記載はなかったのだが、今は使用材料がエコポイント事務局で登録されたものでないと対象にならなくなったようだ.そうすると単にガラスを2重にしてもエコポイントの対象にはならない.シングルガラスを2重に取付ける場合(紛らわしいが複層ガラスではない)はサッシメーカーの内窓しか登録されていないからだ.しかし、関東圏のW地域では省エネルギー基準ではシングルガラスを2重にすれば基準を満たす.サッシメーカーの内窓もこの地域でのガラスは一般のシングルガラスでOKだ.従って例えば既存のシングルガラスのはめ殺し窓の内側に木の押縁でシングルガラスを入れても同じことだが、登録されていないというだけで対象にはならない。
施工も簡単で、廃材もなく、材料も少なくて良い方法がエコ対象にならないのは不思議だ.
この方法でなんとか対象にすることが出来ないか検討しているところ.

既存のはめ殺しガラスのと新規のガラスの間の空気層には乾燥剤を入れている.
double glass.jpg
posted by 小西 けい at 13:15| Comment(0) | 法規etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

再びエコリフォーム

以前設計した住宅の建て主から今年こそガラスを2重にしたいと連絡があった.その住宅には大きな窓があるのだが、そこはいろいろな理由からシングルガラスにしてあった.数年前からその窓の手前にもう一枚ガラスを入れて2重にして断熱性を上げようという話が冬になると持ち上がっては消えていた.ちょうど住宅版エコポイントも動き出した事もあり、工事する事になった.
そこで再度今度は開口部のエコリフォームの事を調べてみた.
窓の断熱改修の基準は改修後、次世代省エネルギー基準が満たされなければならない.
この基準どういうものなのか.
地域によって求められる断熱基準が異なるが、関東以南のW地域では窓の断熱性能が熱貫流率4.65W/(u・K)以下でなければならない.しかし、その都度計算するのも面倒なのでもっとわかりやすいものはないかと調べると窓や引き戸、ガラスのはいっている扉の場合は
1. 2重窓(サッシ)両方ともガラスはシングルでOK
2. 1重窓(サッシ)でペアガラス(空気層6mm以上)
なら上記の断熱性能を満たす.窓の材質は問われない.つまりガラスが2枚はいっていてある程度気密性があれば良いという事だ.
国交省の指針にも書かれているが
http://www.mlit.go.jp/common/000038491.pdf
これは少しわかりにくい.トステムのデュオPG/SGのカタログの後ろの方にまとめてある方がわかりやすい(p980-981).
http://www2.tostem.co.jp/rp/dfw/exsas6/webcatalog/

階段の後ろの一番奥の窓を工事する予定
gekko-3F.jpg



ラベル:・自然住宅
posted by 小西 けい at 19:55| Comment(0) | 法規etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

住宅版エコポイント

国会で第2次補正予算が成立し、住宅版のエコポイントが始動した.
対象はエコ住宅の新築とエコリフォーム.
ちょうど小規模のリフォームを計画しているので対象工事やポイントがどのぐらい付くか調べてみた.対象になるエコリフォームは
1.窓の断熱改修
2.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
だ.1は窓をペアガラスにしたり、内側にもうひとつ窓をつけて2重サッシにしたりすることで、2は各部位に規定の断熱材を入れる工事.
今回は窓はさわらないので対象になるのは2の方.どのぐらいの断熱材を入れなければいけないか調べると部位によって決められ、壁の場合は普通の断熱材で6立方メートル.つまり10cmの厚さの断熱材を60uの広さ入れなければならない.60uというと12帖よりひとまわり大きいの部屋の壁4面の面積.それでもらえるポイントは30000ポイント.今回は少し足りないので対象にはならない.残念.
新築の方はいろいろ基準がある.詳細は国交省のホームページを見てみて下さい.
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000017.html

hinode1.jpg
ラベル:・自然住宅
posted by 小西 けい at 19:19| Comment(1) | 法規etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする