2018年10月31日

家づくり-助成-不燃化特区

7月から8回にわたって行われている某区主催の不燃化特区相談会に参加させていただいています.
不燃化特区とは東京都と区が、木密地域の不燃化を支援、助成をすることで災害に強いまちづくり促進するために設けた制度です.
この制度は平成32年度までの取り組みで、具体的には老朽建物の解体費用や建て替えの際の設計料の助成や固定資産税や都市計画税の減免などがあります.
対象老朽建物は一定の要件があり、各自治体が決めています.対象地域も同様に定められています.
また区によっては、1棟が2棟になる場合は敵号外だとか細かな規定もありますが要件が合えば是非活用したいものです.

これからは不燃化をしつつ趣のあるまちづくりが重要ですね.

不燃化特区についてはこちら
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/mokumitu/seido.html

不燃化とはほど遠いですが、夏に訪れた法師温泉.
とても風情がありました.過密地域でなくて良かった.
20180728_hoshionsen.jpg
posted by 小西 けい at 23:47| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

壁面後退

先日、某区役所主催の建築相談会で相談員をさせていただきました.
その時の相談で、間口が狭いのでなるべく敷地いっぱいに建てたい!隣地境界線と建物の間隔は最低いくつですか?という質問がありました.
これは地区計画などで壁面後退が決められているときは、それに準じなければなりません.それらがない時は、民法で50cmとなっていますが、地域で異なる習慣があったりお隣との合意が取れれば狭く出来ます、と答えると隣は自分所有のアパートなのでくっつけて建てることが出来ますか?となりました.
確かに地区計画などの規制がない場合でお隣との合意があれば、くっつけて建てることも可能で昔から長屋だったところなどは建て替えの際も隔離を取らず建てているところもあります.
しかし、離隔が取れるならば取った方が良いでしょう.建物は長年にわたり使うもので、メンテナンスなどを考えるとそれがしやすいようにきちんと離隔をとる方が良いと思います.また住環境考えてても隣とくっついていると通風が取れずカビなどの発生の原因となります.
では最低でもどのぐらいの離隔を取れば良いのかと言えば、外壁のメンテナンスをするためにも最低でも40cm以上は取っておいた方が良いと思います.
また、建物のまわりは空調の室外機や給湯器の設置場所ともなるので無駄なスペースとは考えず計画するのが重要です.



この住宅は左側の隣地との境界には塀のようなものは設置せず地盤面に境界のみがわかる印を付けています.そしてメンテナンスなどの際には越境して使用しても「お互い様」と合意しています.そうすることで防犯上の弱点になる死角をなくし、かつ、街並もすっきり綺麗になります.
kg-ex11.jpg
posted by 小西 けい at 23:52| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

設備機器 - 節水トイレ

15年前に設計した住宅のリノベーションをしているしています.
当時と比べて様々な新しいものが発売されています.その中でも多いのは省エネ商品.
2020年には戸建て住宅の省エネが義務化されます.これは、住宅を高断熱にしたり太陽エネルギーを使うことで消費エネルギーを節約しましょうと言うものです.
省エネ商品は、この義務化に直接関係するもの例えば高断熱のサッシとかもあれば、そうではないものも沢山あります.
その一つは省エネ便器.少量の水で流すことが出来て水を節約出来る!のがうたい文句ですが、少量の水量で便器からは流せてもその先の配管でもスムーズに流せなくてはなりません.そのため今までよりも排水管の施工には気をつける必要があります.

しかし、リフォームの場合は既に排水管が施工されているのでその配管が省エネ便器に適しているか確認して器具を選定する必要があります.多くの省エネ便器には水量を増やす機能も付いていますが、それでは節水にはなりません.
施工説明書を調べると、
「床下横引き排水管において、勾配1/100, 75A, 2曲がりの排水管で10mの搬送性能が確保されていることを確認し、排水管長さが10mを超える場合でも停滞した汚物は、次回以降の洗浄で順次押し流されていくことを確認しています」
とありました.わかるような、わからないような説明です.排水管のつまりは使用状況によってもかなり変わりますが、水量が少ないのだから物理的に流れにくくなるのは当たり前で、状況によっては節水トイレでも水量を増やさなければならないこともあることを気に留めておく必要があります.

ing-b.jpg
ラベル:・設備器具
posted by 小西 けい at 22:54| Comment(0) | 家づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする